穀雨(こくう)

Posted コメントするカテゴリー: その他

4月20日は暦で定められた二十四節気の「穀雨」のはじまり

穀雨とは立夏(立夏)5月4日頃までの時節をいい、この時期に降る雨は「百穀春雨(ひゃっこくはるさめ)」と言うそうです。
古くから種まきや田植えなど農作業をはじめる目安とされていて、植物の成長を助ける恵の雨になります。

今では用水が発達して潅水設備が整っているので、水不足に悩まされる状況も減ってきているとはいえ、我が家では水場のない畑も多く天水に頼る環境では待ちに待った時期です。
成長した苗を少しずつ畑に定植していってます。
雑草も成長が早くなったので、これから毎週草刈りに追われる生活が始まります。そんな雑草もブルーベリの株元に雑草マルチとしての大切な役割をもっています。
虫たちも活気づいてきました。子供に人気のてんとう虫は害虫を食べてくれる畑の大切な用心棒です。

 

農作業には欠かせないこの時期もからだにとっては不調の兆しになるかも

雨が降るということは、言い換えれば低気圧が続くということにもなります。
低気圧はからだにどんな影響を与えるかといえば、浮腫が発生しやすくなります。
ホルモン分泌や自律神経の変化なども影響するので、一言では言い切れませんが、低気圧の影響で血管が拡張して、神経を刺激し、「頭痛」「からだがだるい」といった症状を引き起こすことがあるようです。
東洋医学的に考えれば「水毒」と言えます。

原因もさまざまなので、養生のしかたもいろいろ考えられるでしょうが、「冷たいものを避ける」「適度にからだを動かして循環を保つ」というのは間違いないことなんでしょうね。
蒸し暑くなると、冷たいスパークリングウォーター、ビールに誘惑が強くなりますが、適度に楽しみたいと思います~。

施術について

Posted コメントするカテゴリー: その他

 

完全予約制で施術をしています。

からだの個性を診たのち、施術、ストレッチ、操体を組み合わせ、からだを快適な状態に整えるお手伝いを致します。

内容
リセットケア
長年の負担や間違ったからだの使い方で固くなったカラダを施術によって緊張を緩め、ストレッチや操体によってからだのバランスを整えていきます。
アクティブケア
整ったカラダをキープするため、より楽に美しく安定した動きを取り戻すため、個人に合わせたセルフケアやエクササイズを処方していきます。

☆施術   60分    6000円
☆初回   カウンセリング2000円
☆持ち物  動きやすい服装、タオル
☆日時   月、金 9:00~20:00
☆予約制  はじめての方は「お問い合わせ」からご連絡ください

セラピスト

土屋 裕明
フィットネス指導からはじまり医療(理学療法)を学び、一般の方の健康増進からスポーツを楽しむからのサポートまで。
パーソナルトレーナー、コンディショニングトレーナー、フィジカルセラピストとして、約15年からだづくりに携わってきました。

経歴
2009~2013 舞台俳優・表現者へのコンディショングサポート
新国立劇場・舞台「ヘンリー六世」「象」「リチャード三世」など

からだほぐし教室

Posted コメントするカテゴリー: その他

からだケアの教室を開いています。

からだの仕組みをお伝えしながら、セルフマッサージ、ストレッチ、操体を組み合わせて
からだが快適になるワークをしていきます。
少人数予約制で参加される方の体力体調に合わせて内容を変更していきます。

からだが固い。体力に自信がない。という方にも安心して通っていただける内容です。

☆参加費  1000円(60分)
☆定員    5名
☆持ち物  ヨガマット(レンタルあり)、お飲み物
☆開催日  不定期(スケジュールよりご確認ください)
※ご希望の開催日時がありましたらご相談ください。
☆予約制 「お問い合わせ」からご連絡ください。

セラピスト

土屋 裕明
フィットネス指導からはじまり医療(理学療法)を学び、一般の方の健康増進からスポーツを楽しむ方のサポートまで。
パーソナルトレーナー、コンディショニングトレーナー、フィジカルセラピストとして、約15年からだづくりに携わってきました。

経歴
2009~2013 舞台俳優・表現者へのコンディショングサポート
新国立劇場・舞台「ヘンリー六世」「象」「リチャード三世」など

これまで②

Posted コメントするカテゴリー: その他

築100年の古民家と出会う

敷地は荒れ家の状態も悪い、しかしなぜか惹かれるものがあった

新たな農地との開墾の歴史

農地はあるがほとんどが耕作放棄地、家とともに手入れを続ける日々

家も畑も手をかけて生まれ変わる

設計図はなく、手探りがいい加減

トライ&エラー、少しづつ手になじみカタチになる

 

これまで①

Posted コメントするカテゴリー: その他

2014年南房総三芳に移住

最初の我が家は新規就農支援住宅

こじんまりした納屋付きの家から農のある暮らしのはじまり

茅葺きの長屋門がシンボルの農家レストランじろえむ

ここでの研修生活が農とともに生きる暮らしの原点

はじめての無農薬での米作り

機械の使用は田植えと刈り取りのみ、収穫後の乾燥も天日でのはざがけ

自らが作ったのではなく、自然とともになる

はじめまして

Posted コメントするカテゴリー: その他

はじめまして

私たちは2014年に南房総に移住し、食を自給する暮らしをはじめました。
この4年で大きく環境が変わり、子どもが生まれ、何度か住まいも移りました。自分でも変化の大きさに驚いています。
そして色々なご縁があってこの地と巡り合い、今年から土の環という試みをはじめることにしました。子どもであればまだヨチヨチ歩きの状態です。これから多くの人に遊びに来てもらえるように変化を続けていきたいと思います。

イベントやワークショップなど、気軽に遊びに来て頂けたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

土の環 代表 土屋裕明