楽しくご飯を囲む会

Posted コメントするカテゴリー: イベント

去年の台風からもうすぐ半年、たくさんの人に支えられ、ようやく人が集まる場として落ち着きを取り戻すことが出来ました。

台風のあとで長期の停電を経験し、「食べる」という当たり前のことの奥深さを考える日々が続いていました。当たり前過ぎて忘れているけど、暮らしってそもそも衣食住が基本というか、そのためにすることが大半を占めているんだと思うんです。その中でも「食べる」の比重はかなり重いと思う。現代はそうでもないけど、昔は日常のほとんどの時間を食べるにつながることに費やしていたはず。農に触れるとそれがよくわかります。

我が家では四季折々に畑で野菜を育ていています。これも当たり前だけど食べるためにしていること。時には収穫した野菜や果物を加工して保存しながら味の変化を楽しんでます。天気が良い日は火を焚いてかまどでお米を炊いたりしてます。かまど炊きのお米ってほんのり薪の薫りがするんです。最近の炊飯器はとても美味しく炊けるけれど、薫りづけの機能までは付いてない。ご飯には味付けや栄養以外の食べるに関わるストーリーが多い方が美味しいし、みんなで楽しく食べれたらそれだけで暮らしが豊かになると思うんです。

そんなこんなで、土の環の再生を期して、お世話になった人とご飯を囲んでワイワイしたい!そんな思いが形になったのが「楽しくご飯を囲む会」です。

今回食べることは、屋根の補修で降ろした瓦を活かすことから始まりました。
瓦を組み合わせかまどの土台を作っていきます。バランスを取りながら重ねるだけ。
瓦の土台の上に粘土をこねて型に押し込み、かまどの釜口を作ります。
今回は伊勢エビの味噌汁とサザエの炊き込みご飯を仕込みました。
蓋を開けたときの出汁と磯の薫りが忘れられない
他にも畑で採れた野菜を中心にお惣菜を作りました。
マイ食器制に協力してもらい、お気に入りの食器に盛り付けてもらいました。
友人に協力してもらい、ご飯のあとは音楽あり、マッサージあり。
子供たちは庭に転がっていた廃材で何やらつくりはじめました。

天気にも恵まれ、あっという間に心地いい時間が過ぎていきました。参加してくれた方からも「ごはん美味しかったよ」「楽しかったよ」「からだが喜んでるよ」とうれしいお声が。

土の環として目指していたものが、少しカタチにできたような気がします。  改めまして、音楽と癒しと食で場を盛り上げてくれた皆様、食材提供をしてくれた皆様、調理をお手伝い頂いた皆様、来てくれたたくさんの皆様、本当にありがとうございました。

[イベント報告]味噌づくりの先に

Posted コメントするカテゴリー: イベント

移住とともにはじまった我が家の味噌づくり、今年で早くも5年目になりました。

はじめの年は、知り合いに教わりながら夫婦二人での作業でした。

今年は麹の仕込みから娘も一緒にお手伝いしてくれてます。

去年までは味噌樽に入って遊ぶばっかりだったのに

細かい手仕事を丁寧にこなしてくれるようになりました。

子どもの成長ってはやいなぁとつくづく実感します。

家族ではじめた手仕事もだんだん人の環が出来て、今年は去年よりたくさんの仲間と楽しくやっています。

我が家には、加工のための便利な機械はありません。すべてが手作業、マンパワーが頼りです。

蒸しあがった大豆を温かいうちに手足を使って潰していきます。

大人は真剣、どうしたら綺麗につぶれるか考えます。

子どもは遊び、踏んで、叩いて、寝て、潰すことより、どうすれば楽しいかを必死に考えます。

でも共通しているのは、大豆の匂いと温かさ、そして粒々の感触

自分でも思いますが、それがなんとも心地いいんです。

みんなで協力してする作業がなんとも楽しいんです。

ここ数年続けているこの工程は、単純な食品製造の枠を超えたものだと感じました。


初めての年は、加工施設を借りて、麹の発酵から大豆を蒸して潰すまで、専用の機材を使って作業していました。

麹づくりは温度・湿度の調整作業の繰り返しになるので、自宅では夜中でも定期的に起きてお世話をしなければいけません。

赤ん坊の世話をしているような感覚です。

一方施設では、センサーのついた発酵機を利用したため、蒸し米に麹菌を振りかけたら、そのあとは機械にお任せです。

今思えば、ロボットの保育士に子どもを預けてた感じでしょうか。

大豆を蒸し、潰し、樽に仕込むまでも、大きなガス釜とミンチ機械にお任せすれば、手間をかけずに綺麗にできます。

薪をくべる手間もいらないし、冬場なのに汗をかいて必死に大豆を潰さなくても、綺麗なみそ玉が作れちゃいます。

今思えば、すごい楽でした。

たまたま自宅でやってみようと思わなければ、そのまま施設で作り続けていたかもしれません。

手作りなのは変わらないので、既製品に含まれる添加物も気にしなくていい

自宅同様に酵素などを生かす工程なので、栄養的にも充実してます。

味に関しては、施設でのほうが味が均等で食べやすいかもしれません。

でも、わざわざ手間をかけてでも自宅で仕込みたいと思うのは、単なる味噌づくりとは違う魅力を感じてしまったからなのかもしれません。


作業のしめは、みんなで味噌の品評会

寝かせておいた三年分の味噌をそれぞれのお椀で溶かし、味噌汁として味わいます。

味噌は生き物、年数が経つにつれて、色も味も変化します。

最近知ったことですが、この変化は手作りならではで、既製品は時が止まってしまっているため、こうした味わいの変化はおきないんだそうです。

そしてなにより、からだを使ったあとの、みんなで味わう食事は特別においしく感じます。

今年はあと一回を予定しています。暖かくなる前にもう一仕事

前回参加してくれた方、ありがとうございました。また来年もご一緒しましょう♪

[イベント報告]色とりどりの鯉のぼりが羽ばたいた

Posted コメントするカテゴリー: イベント

アップが遅くなりましたが、5月4日にmicono fiber artさんと共同企画したアートフレームWSを開催しました。


大人も子どもも作品づくりに没頭


自分の感性で水引を思いのままに並べていきます。


AWA家具さんのおしゃれな手作りフレーム、気に入った作品は購入して作品と合わせます。


出来上がった作品たち、たくさんの鯉のぼりが羽ばたいていきました。

[イベント報告]新たなワラーチストの誕生

Posted コメントするカテゴリー: イベント

4月22日に開催したワラーチづくりWSで6名のワラーチストが誕生しました。

お好みのシートと紐を選んでオリジナルの組み合わせを作ります。

みんなでおしゃべりしながらの作業、制作へのこだわりも人それぞれ

出来上がった自分だけの一足でワラーチサークル

ワラーチの環が少しずつ広まるといいな♪

ワラーチはもともとメキシコのララムリという走る山岳民族のランニングサンダルが発祥ですが、この履物はむしろ走る習慣のない人にこそオススメ
現代は身体を使う機会が極端に少なく、座る・立つ・歩くといった日常の動き、日常の所作が失われてきているように感じからです。
ワラーチは自分の感覚・自分自身の身体性を取り戻すためには、とてもイイです。
今回参加して下った方にも、感性を取り戻し、日々のなかで身体を養うための相棒として、日常にランニングに活用していって欲しいなと思います。

[イベント報告]味噌仕込み終わりました

Posted コメントするカテゴリー: イベント

2/25に主催した手作り糀で味噌づくりWSのご報告です。
週末天気が心配な予報でしたが、参加してくださった方々の普段の行いのおかげか晴れ間もみられて暖かい陽気にめぐまれました。
今回は前年同様に手作りした糀を使っての味噌仕込みでしたが、今年は玄米で糀をおこしてみました。白米の糀よりも味が濃くなるそう。楽しみです。

まずは前日から水に浸しておいた大豆を蒸すところからです。外のかまどで薪を燃やして火力を保ちます。参加者の方にも薪割りをお手伝いしてもらい、蒸しあがりを待つ間に去年仕込んだ味噌を味わいます。毎年出来上がりが違いますが、去年の味噌は甘味が強く香りもいいものに出来上がりました。

蒸しあがった大豆は袋の入れて熱いうちに手で潰していきます。子どもたちも一緒に協力して作業していきます。機械を使った方が作業も早いし粒も均等になるのですが、あえて手を使うことのこだわりました。この方が蒸した大豆の香りと温かさを肌で感じることが出来ます。五感を使って作業することはセラピーに近い感覚もあるんではないかと思っています。

大豆が潰れて人肌まで温度が下がったところで、糀と混ぜ合わせてさらに良くこねていきます。塩も加え、水を足しながら固さを調節していきます。糀と大豆が合わさるととたんに味噌のような香りがしてもう美味しそう。混ぜたタネをちょっっと食べてみたら美味しかったと言う方もいました。団子が作れるようになったら、空気を抜くために樽の側面に叩きつけるように詰めていきます。

樽にいっぱいに詰めたところで、蓋をしていきます。雑菌の繁殖を抑えるため、ビニールの蓋の上に塩の重しをします。あとはこのまま冷暗所で一年寝かせて出来上がりを待ちます。また一年後仕込みを一緒にした方達とこの味噌を味わうことができたらいいな。WSに参加してくださった方々ありがとうごさいました。大切に保管します。きっと美味しい味噌ができるはず~♪