ブログ

味噌づくりの会

昔ながらの味噌づくりを体験出来るワークショップです

土の環では毎年冬場に、昔ながらの方法で味噌作りをしています

麹・塩・大豆とシンプルな材料で、添加物は使いません

手作りの良さは味だけでなく、作る過程にあります

麹の発酵の温かみを感じたり、大豆の蒸しあがった匂いを嗅いだり

仕込みをしながらホッとする瞬間がたくさんあるんです

食べるだけでは得られない喜びをぜひ体感しに来てください

なぜ自宅で仕込むの?
昔から農村部では味噌は各家庭で作られていました。
材料自体もシンプルですが、手前味噌という言葉があり、各家庭で配合が微妙に違います。
その微妙な違い、仕込む人の手の違いが味に違いを生みます。
自分の手で仕込んだ味噌を食べたら、やみつきになりますよ。

なぜ冬場なの?
今も昔も冬場に仕込みをするのが一般的です。
冬場は雑菌が繁殖しにくく、冬から春、夏と気温が上がるつれて、ゆっくり発酵熟成が進むことで美味しくなります。
秋に気温が下がると発酵も落ち着き、温かい鍋が恋しくなる頃ちょうど食べごろになります。

 

日程、募集など詳しくは「イベントお知らせ」をご確認ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA