コロナに思うこと

Posted コメントするカテゴリー: ブログ日々のこと

政府の出した緊急事態宣言から1ヶ月、先日その延期が発表されましたね。

 

土の環は3月以降に考えていたイベントなど体験を止め、ひたすら家や畑などの身のまわりの仕事に励んでいます。

丸太を切り出し、皮を剥き、子どもの遊具づくり
古材作品①キッチンカウンター
古材作品②長椅子

土の環の他にも今までからだケアで関わっていたフィットネス施設は休業中のため、レッスンでの対面が無くなったことで、接触8割減は確実に達成出来ていると思います。

館山では感染者の報告がないことや、もともと人との接触が多くない地域(自然豊かな地方都市)のため、都心部に比べて感染の恐怖はそこまで感じていませんでした。

しかしここに来て地域内での人の流れが気になるようになっています。

街中を走る車に地域外ナンバーが目立つようになりました。未だに飲食店や宿泊施設への問い合わせもあると聞いてます。

訪れる人にも、営業を続けるお店にも色々な事情はあるにせよ、今我慢出来なければ厳しい状況が長く続いてしまうことは予想できるはずなのに………………

話はそれましたが、この1ヶ月人との接触を減らした生活を続けて、人間というのは対話なしでは成り立たない生きものなんだ改めて感じました。

例えば、今流行りのオンラインです。

休業中のフィットネス施設では一部YouTubeを利用して継続してレッスンさせてもらってますが、はじめは誰も居ないスタジオのなかでパソコン画面に向かいインストラクションする事にとても違和感を感じました。今はだいぶ慣れましたが、今まで自覚していなかったけれど、自分はその場いる人から色々な情報(動きや表情、息づかいを観て、ツラいのか心地いいのか)を得ながらレッスンしていたんだとあらためて感じました。

YouTuberってすごいなってはじめて思いましたね)笑

他にも最近のニュースで、デイサービス(通所介護施設)が閉鎖したことで、高齢者の認知症状がひどくなったという話題を目にします。目に見えての会話の少ない人でも、無意識に得ていた対話や人との接触によって保たれていた心身の状態が崩れてしまったんだと思います。

我が家でも人との接触はめっきり少なくなりましたが、そのかわり土との濃厚接触の日々を過ごしています。この時期は植物の成長が早く、畑の作物も庭の雑草もとにかく日に日に変化します。そんな場に身を置いているためか、今のところ子ども達も親も私たちも健康な日常を過ごせています。これは日常に自然との対話が保たれているおかげなのかもしれません。

家のなかではケンカばかりでもお外では仲良し

県外から訪れる人も何かしら癒しとよりどころを求めて来ているのかなとも思います。

ただ私達もずっとこのままはツラい。

コンビニのコーヒー片手に海を眺めていたような日常を取り戻したいし(海岸の駐車場は閉鎖し、地域外の人の出入りの多いコンビニには立ち寄ることをためらうようになりました)

早くイベントを企画して、食べること動くことを楽しめる場をつくりたいです。

今は我慢の時、自粛生活が早く一区切りできるよう、また明日もstayhomeを守ってコツコツと場を整えて、再始動出来る時を待ちたいと思います

夏使用に建具を外したら、通り抜ける風が心地いい

2020年もよろしくお願いします。

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

年始は穏やかな晴れ間が続き、例年に増して安房神社参拝の人が多かったような気がします。

我が家は家族の健康と災害の無い一年を願い祈願しました。

さてご報告が遅れましたが、屋根が壊れた三棟のうち、納屋の修繕を無事終えることが出来ました。

下地をすべて剥がし骨組みだけの状態に
新しい下地張り、延々とビスを打ち続ける
ガルバリウムの波板を張りました。

2020年も一歩一歩前向きに、少しでも早く落ち着ける環境を取り戻して行きたいと思います。どうぞ土の環をよろしくお願いします。

晴れ間をぬってコツコツと

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

台風15号から早くも2か月が過ぎました。2ヶ月のうちに台風19号の上陸、そして強力な前線による豪雨もあり、千葉県が立て続けに災害に襲われることになりましたが、我が家はその後の新たな被害は免れることが出来ました。

まだまだ日常とはいきませんが、先日から本格的に家屋の修繕に向けて動き出したことを簡単にまとめていこうと思います。まず手をつけたのは納屋の屋根です。

はじめに、下地をやり直すため、現在屋根に乗っている瓦をすべて外して降ろします。取り外した瓦はスライダーで一気に地上へ。このスライダーは友人から借りたもので、梯子にトタン屋根の波板を固定しただけのシンプルなつくりですが、性能は折り紙付きです。瓦の下には昔瓦の固定と安定に利用していた大量の粘土があります。粘土も土嚢袋に詰めてスライダーに乗せます。粘土を取り除くといよいよ下地があらわれてきます。

このスライダーが画期的でした。
瓦の下には大量の土(粘土)

粘土の下の下地には木の皮が敷き詰められていました。現在の防水シートの役割をしているようです。何年前の材だかわからないですが、まったく腐食していないのが驚きです。もうこの状態になるといつ下地を踏み抜いてもおかしくないので垂木の上を狙って慎重に歩きます。杉皮の下には間隔をあけて下地板が敷いてありました。

粘土の下には杉の皮
杉皮剥ぐと下地が出てきました。

そして下地をすべて外して、いよいよ骨組みだけの状態に。垂木の先端が痛んでいる箇所がいくつかあったので、新しい材を継ぎ足して補修します。古い材は現行の規格とは違うので、ホームセンターの資材では間に合いません。一部だけの規格変更はできないで合うものがなければ総入れ替えになります。幸い今回は材木屋さんからちょうど良い材料を仕入れることが出来ました。

骨組み補修用と不足していた下地用の資材
下地がなくなり青空がぬける

備忘録はここまで、こうして見るとあっという間ですが、実際には半月の経過です。しかし作業日数は4日ほどなので、順調に進んだ方だと思います。

さてこれからは新たな下地づくりと防水処理、屋根材の仕上げが待ってます。またぼちぼち頑張っていきます!

台風15号

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

千葉全域に大きな被害を残した台風から今日で2週間経ちました。

長引いた停電もようやく終息に近づいているようです。我が家は6日目の夜の通電でした。久しぶりに温かいお湯に触れられた時の感触が忘れられません。

まだ日常を取り戻すには時間がかかりそうですが、少しずつ平静を保てるようになってきましたので久しぶりにブログ画面に向かっています。

館山市の映像で破損した屋根をブルーシートで養生する家々が連日報道されていますが、我が家も強風の影響をまぬがれることはできませんでした。

土の環のベースとしていた母屋の他、納屋と蔵の瓦が軒並み飛ばされ、雨漏りにあってしまいました。

友人の力を借りて、瓦礫の撤去とブルーシート掛けはひと段落しましたが、これからが長い道のりになりそうです。

諦めず地道に頑張っていきたいと思います。

GW

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

今年のGWは10連休でしたね。

移住してからは休日に出かけるという習慣がなくなりました。

贅沢ですが、身近に遊び場がたくさんあるからです。

いつもの海と山で、その時楽しい遊び方を模索してます。

今年も友人が何組か子どもを連れて遊びに来てくれました。

毎回子どもの成長には驚きます。

また来年、再来年と遊び方楽しみ方が更新されていくでしょうね。

余白

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

先日あるメディアから取材を受けました。

まだ記事はあがってませんが、農と暮らしと二地域居住に関する内容になりそうです。

 

ライターさんとの対話のなかで、田舎には今使われていない土地、無駄になっている土地や空間が多いという話になりました。しかし無駄という表現に違和感を感じ、別のワードはないかと考えたら「余白」という言葉がしっくりきました。

 

それからしばらく私の頭の片隅に「余白」というワードが居座っています。

理屈でなく直感に近い形で移住と田舎暮らしを選んだ私達ですが、今思えば「余白」を求めていたのかもしれません。

都会とか田舎とか関係なく、今と昔の時間軸の違いが「余白」を作っているんじゃないかと思います。

↑古民家の居間

空間も余白のバランスが難しい。詰めず空かず良いバランスを目指したいです。

みどりの季節

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

新緑

少しずつ雨の量が増え、気温も上がり庭の緑も徐々に色濃くなってきました

日に日にみどりの匂いが強くなって、果樹も野菜も青々しています

もちろん雑草も勢いを増すので草刈がかかせません

春はブルーベリーの定植の時期でもあり、庭仕事が忙しくなります

最近はお姉さんになりしっかりとお手伝いしてくれるようになりました

もうしばらくお外が気持ちいい日がが続きますように

蜜蝋ワックスを作ってみました

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

『蜜蝋ワックス』は天然素材のワックスで、無垢材の床板に
対しての防汚・防水のためによく使われています。

我が家の古民家も全面を無垢材に張りかえたので、当初から
蜜蝋ワックスをかけたいと考えていたのですが、他のワックス
に比べて割高なので、ひとまず亜麻仁油を塗るこむことで
やり過ごしていました・・・

でも最近になって、やっぱりしっかりワックスして床の保護
をしたいな~と考えていたところ、ご縁あって養蜂農家さんから
蜜蝋を譲って頂けることに!

念願だった蜜蝋ワックスを自作してみることにしました。


↓制作過程(とても簡単です)

材料は蜜蝋・亜麻仁油、以上!シンプル

計量した材料、蜜蝋/亜麻仁油(1/4の割合)を湯煎します

溶けた蜜蝋をかき混ぜて、冷めたら完成!


蜜蝋ワックスは床以外にも木材のあらゆるところに使えます。
家具のメンテナンスにも良さそう♪
そして、蜜蝋は他にもロウソク・ハンドクリームなどにも
活用できるようです。
我が家では生活に関わるいろいろなものを自給してますが
蜜蝋によって新たな枠が広がりそうな予感です!

明けましておめでとうございます

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

新年明けましておめでとうございます。

本日少し遅れて初詣に行ってまいりました。
場所はもちろん氏神様となる安房神社です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安房神社は2600年以上の歴史があり、現在の場所に鎮座するようになって1300年になります。
普段はとても静かな地域ですが、毎年三が日はたくさんの人と車で賑わいます。
ご縁あって由緒ある神社の近くに住まわせてもらうことになりましたが、参道に面した我が家は車の出入りが大変です。
そのため、今の家に住んでから正月は家の中で静かに過ごすのが恒例になりました。

今年の正月は風もなく天気に恵まれていたので、お年玉の貯金箱づくりをしたり、紅葉したブルベリー苗の草取りなどして過ごしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年を振り返ると、第二子が生まれたこと以外は特に大きく事をなしたことがなかったように思います。
それでも何かとバタバタしていて、一年があっという間に過ぎていってしまいました。
畑づくりや、農のイベントなど、一休みにしてしまった事も多くありました。
子どもふたりの関係性、家のなかでのリズムが出来るまでは苦労しましたが、兄弟仲良く元気に成長してます。

今年は土の環として去年やりきれなかったこと、農のこと・食のこと・からだのことを中心に
関わってくれる人が心地よくなれるような体験を少しづつ企画していきたいと思っています。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願い致します。

家と暮らし

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

家と暮らし
我が家には同じ敷地内に家が2棟あります。
この土地に建っていた築100年の古民家と、同居する両親と新築した家です。
土の環のベースは古民家ですが、暮らしのベースは新居です。
「対照的な家だね」と言われるので、新旧の家にいつて考えてみました。


自然と繋がる家
古民家は骨格は木材、壁は土壁で囲炉裏付きの典型的な昔の日本の家です。
気密性が低く夏は涼しいけど冬はとても寒いです。
隙間から虫が入り込んだりもします。
内と外のあわいとなる縁側があり
窓を開けると家に居ながらにして外をダイレクトに感じれます。
自然を体感しやすいく、自然に影響されやすいつくりです。

自然と分ける家
新しい家は鉄骨で組まれて、耐震性に優れたつくりです。
気密性が高いので冬場窓を閉め切ると段違いに暖かいです。
家に一歩入ると外と内とがはっきり分かれる感じがします。
家の窓から眺める外は絵を眺める感覚に近いのかなぁと思います。

表情の違う二つの家からは、建てられた時代と人の考え方の違いを感じます。


昔の人は土地に住む
古民家が建てられた時代は今のように構造計算することはありません。
職人が経験と勘を頼りに、その場で木を加工して組んでいたと聞きます。
昔の大工さんには「木は生育のまま使え」「用材は木を買わず山を買え」
「木組みは木の癖で組め」という教えがあったと言います。
木を生かし、その土地の環境に合った家をつくることが、家を長く保たせると考えられていたみたいです。
さらに、今のようにコンクリートで基礎を固めることも出来なかったので、その土地自体の安定が不可欠でした。
今にも残る家づくりの風習に地鎮祭があります。
理由を調べたら「その土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得るため」だそうです。
まさに神頼みというか、昔の人は土地に家を守ってもらうことを重要視していたのがよくわかります。

現代は家に住む
一方で新しい家は複雑な計算をもと設計されます。
現場では工場で加工されたパーツを組み立てるというやり方です。
我が家も着工からはあっという間に出来上がってしまいました。
養老孟司さんの著書に「現代は脳化の時代だ」という言葉があります。
次々と組み上げられていく様子を見ていたら、まさに今の家は頭の中で作り込まれたものなんだと思いました。
現代は家の土台となる動かない基礎があれば一定基準の家が建てられる時代です。
田んぼを埋め立てて住宅地にしたり、傾斜地にも平気で家が建てられるようなっています。
土地を選ばなくなり、地鎮祭を行わないケースも増えているみたいですね。


今と昔の折り合い
移住前は古い家を自分で修繕して暮らしたいという思いが強かったです。
でも色々な状況が重なって今の暮らしに落ち着いています。
自分達にとっては新旧の家を合わせた暮らしがいい加減です。
どちらも大事な暮らしの一部として大切にしていきたいと思っています。