楽しくご飯を囲む会

Posted コメントするカテゴリー: イベント

去年の台風からもうすぐ半年、たくさんの人に支えられ、ようやく人が集まる場として落ち着きを取り戻すことが出来ました。

台風のあとで長期の停電を経験し、「食べる」という当たり前のことの奥深さを考える日々が続いていました。当たり前過ぎて忘れているけど、暮らしってそもそも衣食住が基本というか、そのためにすることが大半を占めているんだと思うんです。その中でも「食べる」の比重はかなり重いと思う。現代はそうでもないけど、昔は日常のほとんどの時間を食べるにつながることに費やしていたはず。農に触れるとそれがよくわかります。

我が家では四季折々に畑で野菜を育ていています。これも当たり前だけど食べるためにしていること。時には収穫した野菜や果物を加工して保存しながら味の変化を楽しんでます。天気が良い日は火を焚いてかまどでお米を炊いたりしてます。かまど炊きのお米ってほんのり薪の薫りがするんです。最近の炊飯器はとても美味しく炊けるけれど、薫りづけの機能までは付いてない。ご飯には味付けや栄養以外の食べるに関わるストーリーが多い方が美味しいし、みんなで楽しく食べれたらそれだけで暮らしが豊かになると思うんです。

そんなこんなで、土の環の再生を期して、お世話になった人とご飯を囲んでワイワイしたい!そんな思いが形になったのが「楽しくご飯を囲む会」です。

今回食べることは、屋根の補修で降ろした瓦を活かすことから始まりました。
瓦を組み合わせかまどの土台を作っていきます。バランスを取りながら重ねるだけ。
瓦の土台の上に粘土をこねて型に押し込み、かまどの釜口を作ります。
今回は伊勢エビの味噌汁とサザエの炊き込みご飯を仕込みました。
蓋を開けたときの出汁と磯の薫りが忘れられない
他にも畑で採れた野菜を中心にお惣菜を作りました。
マイ食器制に協力してもらい、お気に入りの食器に盛り付けてもらいました。
友人に協力してもらい、ご飯のあとは音楽あり、マッサージあり。
子供たちは庭に転がっていた廃材で何やらつくりはじめました。

天気にも恵まれ、あっという間に心地いい時間が過ぎていきました。参加してくれた方からも「ごはん美味しかったよ」「楽しかったよ」「からだが喜んでるよ」とうれしいお声が。

土の環として目指していたものが、少しカタチにできたような気がします。  改めまして、音楽と癒しと食で場を盛り上げてくれた皆様、食材提供をしてくれた皆様、調理をお手伝い頂いた皆様、来てくれたたくさんの皆様、本当にありがとうございました。

2020年もよろしくお願いします。

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

年始は穏やかな晴れ間が続き、例年に増して安房神社参拝の人が多かったような気がします。

我が家は家族の健康と災害の無い一年を願い祈願しました。

さてご報告が遅れましたが、屋根が壊れた三棟のうち、納屋の修繕を無事終えることが出来ました。

下地をすべて剥がし骨組みだけの状態に
新しい下地張り、延々とビスを打ち続ける
ガルバリウムの波板を張りました。

2020年も一歩一歩前向きに、少しでも早く落ち着ける環境を取り戻して行きたいと思います。どうぞ土の環をよろしくお願いします。

晴れ間をぬってコツコツと

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

台風15号から早くも2か月が過ぎました。2ヶ月のうちに台風19号の上陸、そして強力な前線による豪雨もあり、千葉県が立て続けに災害に襲われることになりましたが、我が家はその後の新たな被害は免れることが出来ました。

まだまだ日常とはいきませんが、先日から本格的に家屋の修繕に向けて動き出したことを簡単にまとめていこうと思います。まず手をつけたのは納屋の屋根です。

はじめに、下地をやり直すため、現在屋根に乗っている瓦をすべて外して降ろします。取り外した瓦はスライダーで一気に地上へ。このスライダーは友人から借りたもので、梯子にトタン屋根の波板を固定しただけのシンプルなつくりですが、性能は折り紙付きです。瓦の下には昔瓦の固定と安定に利用していた大量の粘土があります。粘土も土嚢袋に詰めてスライダーに乗せます。粘土を取り除くといよいよ下地があらわれてきます。

このスライダーが画期的でした。
瓦の下には大量の土(粘土)

粘土の下の下地には木の皮が敷き詰められていました。現在の防水シートの役割をしているようです。何年前の材だかわからないですが、まったく腐食していないのが驚きです。もうこの状態になるといつ下地を踏み抜いてもおかしくないので垂木の上を狙って慎重に歩きます。杉皮の下には間隔をあけて下地板が敷いてありました。

粘土の下には杉の皮
杉皮剥ぐと下地が出てきました。

そして下地をすべて外して、いよいよ骨組みだけの状態に。垂木の先端が痛んでいる箇所がいくつかあったので、新しい材を継ぎ足して補修します。古い材は現行の規格とは違うので、ホームセンターの資材では間に合いません。一部だけの規格変更はできないで合うものがなければ総入れ替えになります。幸い今回は材木屋さんからちょうど良い材料を仕入れることが出来ました。

骨組み補修用と不足していた下地用の資材
下地がなくなり青空がぬける

備忘録はここまで、こうして見るとあっという間ですが、実際には半月の経過です。しかし作業日数は4日ほどなので、順調に進んだ方だと思います。

さてこれからは新たな下地づくりと防水処理、屋根材の仕上げが待ってます。またぼちぼち頑張っていきます!

台風15号

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

千葉全域に大きな被害を残した台風から今日で2週間経ちました。

長引いた停電もようやく終息に近づいているようです。我が家は6日目の夜の通電でした。久しぶりに温かいお湯に触れられた時の感触が忘れられません。

まだ日常を取り戻すには時間がかかりそうですが、少しずつ平静を保てるようになってきましたので久しぶりにブログ画面に向かっています。

館山市の映像で破損した屋根をブルーシートで養生する家々が連日報道されていますが、我が家も強風の影響をまぬがれることはできませんでした。

土の環のベースとしていた母屋の他、納屋と蔵の瓦が軒並み飛ばされ、雨漏りにあってしまいました。

友人の力を借りて、瓦礫の撤去とブルーシート掛けはひと段落しましたが、これからが長い道のりになりそうです。

諦めず地道に頑張っていきたいと思います。

GW

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

今年のGWは10連休でしたね。

移住してからは休日に出かけるという習慣がなくなりました。

贅沢ですが、身近に遊び場がたくさんあるからです。

いつもの海と山で、その時楽しい遊び方を模索してます。

今年も友人が何組か子どもを連れて遊びに来てくれました。

毎回子どもの成長には驚きます。

また来年、再来年と遊び方楽しみ方が更新されていくでしょうね。

余白

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

先日あるメディアから取材を受けました。

まだ記事はあがってませんが、農と暮らしと二地域居住に関する内容になりそうです。

 

ライターさんとの対話のなかで、田舎には今使われていない土地、無駄になっている土地や空間が多いという話になりました。しかし無駄という表現に違和感を感じ、別のワードはないかと考えたら「余白」という言葉がしっくりきました。

 

それからしばらく私の頭の片隅に「余白」というワードが居座っています。

理屈でなく直感に近い形で移住と田舎暮らしを選んだ私達ですが、今思えば「余白」を求めていたのかもしれません。

都会とか田舎とか関係なく、今と昔の時間軸の違いが「余白」を作っているんじゃないかと思います。

↑古民家の居間

空間も余白のバランスが難しい。詰めず空かず良いバランスを目指したいです。

みどりの季節

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

新緑

少しずつ雨の量が増え、気温も上がり庭の緑も徐々に色濃くなってきました

日に日にみどりの匂いが強くなって、果樹も野菜も青々しています

もちろん雑草も勢いを増すので草刈がかかせません

春はブルーベリーの定植の時期でもあり、庭仕事が忙しくなります

最近はお姉さんになりしっかりとお手伝いしてくれるようになりました

もうしばらくお外が気持ちいい日がが続きますように

食べること

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

我が家には今9カ月の息子とと3歳になる娘がいますが、二人を見ていて
最近「食べること」ついて考えたことがあります
それは大人も子供も一人ひとりの食べることには違いがあるということです

息子の食べるはとてもシンプル
赤ちゃんなのでお腹がすいたら泣き、おっぱいを飲んで満たされたら笑う
食べることイコール身体の生理的欲求です

娘は少し複雑です。お腹が空いていても何かに夢中だと食べることを嫌がり
お腹がおっぱいでも大好きなものはもっともっとと欲しがります
食べる場面にも影響され、家族だけでなく友達が一緒の方が食が進みます
自宅でもわざわざお弁当にして外のテーブルで食べることが大好きです

「食べる」が=生理的欲求の息子に対して、好きだから、楽しいからという
感情が混ざってきた娘はより人間に近づいたんだと思います

そう考えたら、大人の「食べる」はなんて複雑なんでしょう
「健康になるための食事」「病気を治すための食事」
「痩せるための食事」「綺麗になるための食事」
最近の食べるといえば「インスタ映えする食事」なのかも
忙しい時はただエネルギー補給として食事を摂ってしまう場合も
あったりしますよね

大人になると生活から「食べる」の比重が減って、食べることを楽しむ
ことが下手になってしまうのかもしれない

自分もわが子を見習って、改めて「食べる」を楽しもうと思います

蜜蝋ワックスを作ってみました

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

『蜜蝋ワックス』は天然素材のワックスで、無垢材の床板に
対しての防汚・防水のためによく使われています。

我が家の古民家も全面を無垢材に張りかえたので、当初から
蜜蝋ワックスをかけたいと考えていたのですが、他のワックス
に比べて割高なので、ひとまず亜麻仁油を塗るこむことで
やり過ごしていました・・・

でも最近になって、やっぱりしっかりワックスして床の保護
をしたいな~と考えていたところ、ご縁あって養蜂農家さんから
蜜蝋を譲って頂けることに!

念願だった蜜蝋ワックスを自作してみることにしました。


↓制作過程(とても簡単です)

材料は蜜蝋・亜麻仁油、以上!シンプル

計量した材料、蜜蝋/亜麻仁油(1/4の割合)を湯煎します

溶けた蜜蝋をかき混ぜて、冷めたら完成!


蜜蝋ワックスは床以外にも木材のあらゆるところに使えます。
家具のメンテナンスにも良さそう♪
そして、蜜蝋は他にもロウソク・ハンドクリームなどにも
活用できるようです。
我が家では生活に関わるいろいろなものを自給してますが
蜜蝋によって新たな枠が広がりそうな予感です!

[イベント報告]味噌づくりの先に

Posted コメントするカテゴリー: イベント

移住とともにはじまった我が家の味噌づくり、今年で早くも5年目になりました。

はじめの年は、知り合いに教わりながら夫婦二人での作業でした。

今年は麹の仕込みから娘も一緒にお手伝いしてくれてます。

去年までは味噌樽に入って遊ぶばっかりだったのに

細かい手仕事を丁寧にこなしてくれるようになりました。

子どもの成長ってはやいなぁとつくづく実感します。

家族ではじめた手仕事もだんだん人の環が出来て、今年は去年よりたくさんの仲間と楽しくやっています。

我が家には、加工のための便利な機械はありません。すべてが手作業、マンパワーが頼りです。

蒸しあがった大豆を温かいうちに手足を使って潰していきます。

大人は真剣、どうしたら綺麗につぶれるか考えます。

子どもは遊び、踏んで、叩いて、寝て、潰すことより、どうすれば楽しいかを必死に考えます。

でも共通しているのは、大豆の匂いと温かさ、そして粒々の感触

自分でも思いますが、それがなんとも心地いいんです。

みんなで協力してする作業がなんとも楽しいんです。

ここ数年続けているこの工程は、単純な食品製造の枠を超えたものだと感じました。


初めての年は、加工施設を借りて、麹の発酵から大豆を蒸して潰すまで、専用の機材を使って作業していました。

麹づくりは温度・湿度の調整作業の繰り返しになるので、自宅では夜中でも定期的に起きてお世話をしなければいけません。

赤ん坊の世話をしているような感覚です。

一方施設では、センサーのついた発酵機を利用したため、蒸し米に麹菌を振りかけたら、そのあとは機械にお任せです。

今思えば、ロボットの保育士に子どもを預けてた感じでしょうか。

大豆を蒸し、潰し、樽に仕込むまでも、大きなガス釜とミンチ機械にお任せすれば、手間をかけずに綺麗にできます。

薪をくべる手間もいらないし、冬場なのに汗をかいて必死に大豆を潰さなくても、綺麗なみそ玉が作れちゃいます。

今思えば、すごい楽でした。

たまたま自宅でやってみようと思わなければ、そのまま施設で作り続けていたかもしれません。

手作りなのは変わらないので、既製品に含まれる添加物も気にしなくていい

自宅同様に酵素などを生かす工程なので、栄養的にも充実してます。

味に関しては、施設でのほうが味が均等で食べやすいかもしれません。

でも、わざわざ手間をかけてでも自宅で仕込みたいと思うのは、単なる味噌づくりとは違う魅力を感じてしまったからなのかもしれません。


作業のしめは、みんなで味噌の品評会

寝かせておいた三年分の味噌をそれぞれのお椀で溶かし、味噌汁として味わいます。

味噌は生き物、年数が経つにつれて、色も味も変化します。

最近知ったことですが、この変化は手作りならではで、既製品は時が止まってしまっているため、こうした味わいの変化はおきないんだそうです。

そしてなにより、からだを使ったあとの、みんなで味わう食事は特別においしく感じます。

今年はあと一回を予定しています。暖かくなる前にもう一仕事

前回参加してくれた方、ありがとうございました。また来年もご一緒しましょう♪